試して検討

インターネットを利用した不動産業態

不動産集客における大事な点としては、いかに多種多様な方に内見をしてもらうかという所である。 基本的に不動産商売の流れとしては、物件の情報の公開からはじまり、その情報をエンドユーザーが閲覧して、興味のある物件を不動産会社に問い合わせるのですが、売り込みでの不動産集客の方法もあるのですが、現在ではインターネットでの集客が主流です。やはり地域や時間なども問われないという点でインターネットは優れているので、集客のツールとしては外せないでしょう。 インターネットの利用の際のコストとしては、自社のホームページのサーバー代やポータルサイトへの物件情報の掲載料などがかかるのですが、不特定多数に物件情報を公開するためには、仕方のない先行投資と言えるでしょう。

集客に関する変遷について

インターネットでの不動産集客が主流になる前では、店頭や現地での販売やフリーペーパーでの物件情報の掲載などがあったのです。もちろん現在でもこの手法を活用されている企業な数多くいらっしゃるでしょう。 現地での営業は基本的に道行く方や、近所にお住まいの方に物件紹介が限定されてしまうため、かなり不便なものでした。しかしそれは同業他社も同様だった点や、バブル期などの影響もあり、景気が良かった点などもあったので、当時はデメリットにもならなかったのです。 そして、フリーペーパーによる不動産集客に関しては、今でも数多く目にする機会が多いのですが、結局のところはインターネットよりも高コストのケースでしたので、徐々にネットにシフトをしていったということです。