代表的なサービス

物件情報を広めるためのコスト

不動産を取り扱うときには、まず物件情報を出して集客することが必要です。 そこで用いられるのがネットの不動産情報ポータルサイトや雑誌広告といった方法です。中でも不動産情報ポータルサイトは、最もコストパフォーマンスが高いツールとして人気です。 では、利用するときにどの程度の費用が掛かるのかというと、料金体系はそれぞれで微妙に異なっています。 大手では初期費用として2万円から3万円程度を支払い、あとは月々1万円から2万円の料金を支払うことが多いです。ただし、取り扱う物件の数に制限がかけられることが多いです。掲載する物件数の上限が月額料金ごとに5件ずつ増えていき、物件数が増やすごとに2万円から3万円程度増額という料金システムもあります。制限なしで不動産集客をして欲しい場合には、一定の月額料金を支払えば無制限というサービスもあります。

集客をしていく仕組み

不動産集客とは、どのように行われるものなのか簡単に言えば紙媒体やWEB上に物件情報を掲載して客を集めるという仕組みです。 紙媒体での不動産集客は、印刷された雑誌やチラシに掲載された物件情報を絶対に読者が読んだという保証はありません。しかしWEBで不動産集客でする場合には、サイトの訪問者がどの物件情報を見たのか履歴が残ります。つまり、どの物件が人気なのか分析が容易なのです。逆にページの閲覧があっても、問い合わせの電話やメールがない場合などもわかります。不動産集客の業者では、得られたデータを基に、何が悪かったのか分析をして、次につながるプランを提案してきます。 長期的な視点でみると、その工夫は大きな効果を期待できるのです。